インプラントの歯周病

みなさまご無沙汰しております。
中條歯科医院 勤務医の高木です。
近頃更新がなく、残念に思って頂いていたのではないでしょうか。

さて、久しぶりに更新します。
本日はインプラント周囲炎について書こうと思います。

みなさまはインプラント周囲炎というのをご存知でしょうか?

インプラントは虫歯にはなりませんが、ケアを怠ってしまうと歯周病のようになってしまいます。
その状態をインプラント周囲炎と言います。


インプラント周囲炎は、歯周病と同じような症状が出ます。
主な症状としては、
  歯茎が腫れる
  歯茎から血が出る
  歯茎から膿が出る
というものです。

ただし、初期の頃は自覚症状がほとんどありません。
進行してしまうと、歯周病と同じように痛みが出てきます。
また、インプラントの歯がグラグラ揺れてきて、抜去しなければならないこともあります。

そのようになる前に、歯科医院での定期的なケアとチェックを受けることが大切です!

基本的には自分の歯を歯周病から守るケア&チェックと同じです。
当院では定期的な口腔ケアと診査をお勧めしています。
せっかく頑張って生まれ変わらせたご自身の歯を大切にしてあげましょう。
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>