インプラントの寿命

こんにちは。
中條歯科医院 勤務医の高木です。

今日は患者様からよく尋ねられる質問の一つ、インプラントの寿命についてお話ししようと思います。


まず、インプラントをしたのが上顎なのか、下顎なのかです。
過去の統計からみると、下顎は5年以上機能しているインプラントが97%、10年以上では90%で、上顎はそれより少し下回ります。
これは、上下顎で歯槽骨の硬さが異なることが理由の一つです。

また、インプラントを行う際に、骨の移植をしたのかどうかや、かみ合わせ等、インプラントを取り巻く環境が異なることによっても変わってきますので、一概には言えません。

インプラントは天然歯と異なり虫歯にはなりませんが、その他は天然歯とよく似ています。
インプラントを長く持たせるには、プラークコントロールなど患者様自身の口腔衛生管理が大切になります。
必ず歯科医院での定期検診を受け、インプラント周囲粘膜の炎症の有無、咬みあわせのチェックなどを受けることが重要です。

さらに、心構えとして、何歳まで保つか?ではなく、あなた自身が生涯保たせようとする努力が大切です。
スポンサーサイト