一生に一度の贅沢!


こんにちは。TCの森下です。

昨日、当院でインプラント治療をうけられている患者様から聞いた思わず嬉しくなったお話です。

その患者様は、昨年、三月に初めて来院され、当初、すべての奥歯が抜けた状態でした。
固いもの(たとえば、漬物や肉など)は咬めれない状態で、入れ歯はつくっているものの異物感があり、とても口の中に入れていられないということでした。


インプラントをする怖さはあったものの、この機会に咬めれるように頑張ります!と決心をしてくださいました。


それから、一年と三か月経った昨日、まだ、最終的な完成ではありませんが、
「仮歯が入って、なんでも咬めれるようになった。インプラントをして本当に良かった。インプラントは今まで頑張ってきた自分へのご褒美、一生に一度の贅沢だ!」
と、おっしゃっていました。

なんでも食べられる幸せはみんな一緒です。私たちは、一人でも多くの方に食べる喜びを感じていただけるように、日々、頑張っています!

インプラントは、勇気のいる治療ですが、それだけ価値のある良い治療です。入れ歯で食べたいものが食べられない方、歯を抜けたままにしている方、勇気をだして幸せな未来を手に入れて下さい!

スポンサーサイト