FC2ブログ

院長真備ボランティア録

災害地、例えば真備町にしても、行政のへの不満をたまに聞きます。住民によると、電話で問い合わせをした時、HPに書いてあります!とか、言うらしい。

確かにHPには書いてあるけど、スマホを持っていないお年寄りも居るわけで、と言っても、昔ながらにいちいち張り紙するわけにいかず、モドカシイところです。

ボランテイアセンターで息巻いて叫んでいるおばちゃん(私よりは若いけど)をみました。ボランテイアをやらしてもらえない事に怒っているようでした。

北海道でも多くのボランテイアさんが集まっても、一部断わられていることがあるようです。これらは仕方ない事です。真備でさえ、ある日突然トラックが大挙してやって来て、「ボランテイアに来た」と言われても現場は混乱してしまいます。急には処理出来ないからです。そこはやはり一報必要です。

主に社共の人達(各県応援を含む)が頑張っている?わけで、処理能力に限りがある事を理解する必要だと思います。

最近ではボランテイアさんのリピーターを多く見ます。慣れている代わりに、なんか?横柄に指示して来ます。ちょっと不愉快です。

いづれにしても、皆災害地の為を思って頑張っている訳ですから、被災地の方々の苦労を思えば、ボランテイアも気持ち良くしてさしあげたいですね。

今迄8回頑張りました、まだまだ必要だと伺っています。仕事の合間に頑張るかなーーー?
スポンサーサイト

価格改定のご案内

2018年10月1日より、インプラントの価格を改訂させていただくこととなりました。
京セラフィクスチャー新商品FINESIAの導入に伴い、価格を変更させていただきます。
つきましてはインプラント保証システムの更なる充実を計って参ります。
皆様には何卒ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

新次郎せんせい♪


1533255377834-224x300[1]

今年も国府小学校夏休みイベントへ行ってきました。

恒例の新次郎先生の実験!

毎年子供が喜ぶ物、勉強になるもの、試行錯誤してこどもたちのもとへ届けています。
1533255386823-224x300[1]
子供たちの想像力にはいつも感心してしまいます。

夏休みの思い出のひとつになればと思います☺

真備ボランティア

真備にて
自家用車で水島の集合場所に1時間
簡単な登録を済ませて早速列に並ぶ。シールを貼られる(取れそう)
待つこと20分くらいか?日向で既に暑い。
バスに乗車。帰りも同じバスらしい。車内で登録。
乗車30分真備町へ、徐々に被害地域の惨状が目にはいる。ひそひそ声で、「おー!」という声が聞こえる。
バスを降りて、センターからサテライトへ移動する。これが歩きで20分炎天下、砂埃の中を歩くのは辛い。荷物が重い。交通整理の警察官や自衛隊員はさぞ大変だろう。ゴーグル、マスクは必須。
サテライトから被災地へ。我々は20人で一軒の家を担当。大きな旧家なので、見たことも無い道具や器材が散乱。床を踏み外さないように、手分けして運び出す。30分働いたら、休む。一時間は無理です。家の人も申し訳なさそうにしているが、皆笑顔で頑張っていた。
臭いもあるが、やはり暑い。家の人も気を使ってくれる。ボランティアは皆積極的に働く。
12時を過ぎると、帰る用意にかかる。乗ってきたバスに遅れないためだ。またまた歩いてセンターへ引き返す。社共や係りの人達は親切に気を使ってくれる。氷や水をもらって日陰でバスを待つ。
バスには予定通り13時15分乗車。疲れて車中に寝てしまう。駐車場へ戻る。
まわりの皆気使いながら進んでいくボランティアだが、それでも気分の悪くなる人が出る状況。気をつけて行いたいものだ。
お金も大切だが、現地は今でもマンパワーを必要としている。ボランティアの継続が望まれる。

開業27周年

1526087451756-300x225[1]
皆さまに支えられ、開業27周年を迎えることができました。
これからも、よろしくお願い致します。

次のページへ>>